Win10 64bit VS2015 で Android App のビルドを行えるようにする

新しい Windows 10 Pro 64bit に、Visual Studio 2015 をインストールし、クロスプラットフォーム開発で Android ネイティブアプリをビルドするための環境を作成する手順を、まとめなおしました。

初期状態では Visual Studio から Android SDK Manager すら起動できませんでした。Java の JDK をインストールし、パスを設定し、Android SDK Manager が起動できるようにして、SDK の更新までを行っています。

Android App ビルド環境の構築(Win10/VS2015/Java 編)」です。

次は Android NDK、Apache Ant、そして Clang を更新するつもりです。

JNIを使ってブラウザを起動する

ピュアなネイティブアプリ(NativeActivity)から、ボタンのタッチ等によりウェブサイトを開くとき、WebViewコントロールが(少なくとも今の理解では)使えないので、ブラウザを起動して閲覧してもらいます。

(少なくとも今の理解では)ピュアなネイティブアプリからJavaのコードを呼び出せないので、JNIを利用して、実現しました。

詳細はこちらです。